沖縄のさらに南・石垣島から高速船に乗っていく竹富島。
牛車と石垣の家が有名な、小さな小さな島は、まずいるだけで田舎に来た気分。

宿泊でおススメなのは民宿・泉屋さん。
泊まる部屋によっては仏壇もあり(!)
自分のおばあちゃんの家に帰ってきたような錯覚すら覚えそうな佇まい。
のんびり、ただただ畳で寝そべり、ゆっくりとくつろぐのが至福の時間。

歩くと半周簡単にできてしまうほどの小さな島。
その島を、レンタサイクル、牛車、歩き…と「目線と乗り物」を変えて歩くのが
最も楽しいレジャーだ。
レンタサイクルで、風を感じながら町を一周、島の雰囲気と全体をつかんで
牛車で「観光客」気分と、のんびりした時間を存分に味わう。
そして自分の足で歩けば、猫やカタツムリ、鳥、民家にある展望スペース…と、自分ペースでゆったり街を知ることができる。

歩いて数分で到着するビーチも一興。
朝、昼、夕方と異なる時間に、本を片手に訪れると日常を忘れる爽快さがある。